Cognitive Serviceの一部がGAしました

日本時間で昨晩行われていたMicrosoft Data Ampというイベントで発表されたのですがFace API, Computer Vision API ,Content Moderatorの3APIがGAしました。 … 続きを読む »

Azure FuntionsとCognitive ServiceとLine Bot

Azure FunctionsとCognitive Serviceを利用したLineBotを作成しました。   ※この記事は2017年4月19日時点での情報になります。   ソースや環境構築方法につい… 続きを読む »

Azure FunctionsでNuget

Azure FunctionsでNugetを利用して外部アセンブリの参照を追加することができます。   例えばXMLをパースするためにxdocumentを利用したいのですが予め用意されているアセンブリには参照が… 続きを読む »

TranslatorAPIを使ってみた

今年の初めごろからCognitive Serviceの一部になりましたが今更になってようやくTranslatorAPIを利用してみたので記載していきます。 Azure Fucntionsで作成しているLine Botの一… 続きを読む »

Azure Functionsの進化が止まらない

毎週のように機能Updateが走っているAzure Functionsですがとうとう本日Portalまで進化してしまいました。何がどう変わったか触ってみたので記事にしたいと思いす。   ※本記事は2017年4月… 続きを読む »

Azure CLI 2.0のインストールエラー

最近のサービスはAzure CLI 2.0を使う事が多いのでインストールをして試したのですがうまくインストールできない、インストールできたとしてもpyyamlでエラーになったりとしていたので原因調査と解決をしたので備忘と… 続きを読む »

Azure Update 2017年3月 General availability

2017年3月のGA数は7件でした。 ※本記事の情報はAzure Updateで種類を「General availability」に絞り込んだ情報を元にまとめています。   日付 タイトル 3月1日 New T… 続きを読む »

ARMテンプレートの編集はVS Codeで

最近知ったのですがVS CodeでARMテンプレートを編集するのが一番効率がいいみたいです。   VS Codeで「Ctrl  + p」でパレットを開いて「Azure Resource Manager Tool… 続きを読む »

自前のARMTemplateからAzureへカスタムデプロイするリンクの作成方法

Azure Resource Manager(以下、ARM)で作成した環境をテンプレート化したJSONでデプロイする方法を調査・実装してみました。やり方としては2種類あるみたいですが今回はAzure Portalにダイレ… 続きを読む »

「Debug: Download .NET Core Debugger」とVS Codeがエラーを出力したときは・・・

DotNet Coreがいつの間にかバージョンアップしてたのでバージョンアップしたら、VS CodeでF5実行するとDebuggerがないのでインストールしてくださいとエラーメッセージが出るようになって嵌った件について解… 続きを読む »