kokoni

クラウドおじさんの備忘録

Windows10でマイクにアクセスできなくなった時の対処法

仕事で利用しているSurface Laptop 3が急にマイク接続できなくなって打ち合わせやらに影響が出たため対処した方法について備忘録として記載します。 ※この情報は2020年7月26日時点の情報になります。 デバイスマネージャーの確認 マイクデバイスの確認 マイ…

Blazor WebassemblyをGithub ActionでGithub PagesにCICDする

Client Sideで動くBlazor WebassemblyをGithub ActionでCICDしてGithub Pagesにデプロイする方法を試したので備忘録として記載していきます。 ちなみに以前作成したBlazor Webassemblyのアプリをベースに試しました。 blog.kokoni.jp ※この記事は2020年7月25…

ClientSideBlazorでツールを作ってみた

ClientSideBlazorでツールを作ってみたということで紹介していこうと思います。 作ったツールは下記のURLからアクセス可能です。 GIthub Pages kingkino.github.io どいうものを作ったかというとAzureWebAppsのAppSettingsとlocal.settings.jsonのフォーマッ…

C#Tokyoオンラインで登壇しました

4月3日に実施されたC# TOKYOというコミュニティのオンラインイベントで登壇をしました。 csharp-tokyo.connpass.com 登壇内容は「Azure DevOpsで技術同人誌を作成」という内容で、Azure DevOpsを利用した執筆環境のCI/CDについてお話をしました。 C#Tokyo-On…

re:viewとAzure DevOpsで技術同人誌を執筆するためのCI/CD環境を構築する その2

前回はAzure DevOpsの環境構築について説明しました。 blog.kokoni.jp 今回はアップロードしたPDFファイルをSlackに自動で通知する仕組みについて説明していきます。 Azure環境を利用してAzureStorageにファイルがアップロードしたらLogicAppsでSlackに通知…

Re:VIEWとAzure DevOpsで技術同人誌を執筆するためのCI/CD環境を構築する その1

技術書典8が昨今の状況により開催中止になり意気消沈している最中に、とある勉強会で技術同人誌の執筆環境について話をしたら、面白いのでブログに投稿したほうがいいと助言を受けたので備忘も兼ねて記載します。 技術同人誌を執筆する時に便利なのが「Re:Vi…

Azure WebAppsでASP.NET CoreのHTTP Error 502.5が出た時の対策

経験されたことのある人もそこそこいると思いますがDotNet Coreのバージョンが上がるたびにちょくちょく出くわすエラーです。 ググるとだいたいがDotNet CoreのVersionに問題があって表示されるのですが、それ以外の場合もあるので対応方法をまとめておきた…

Azure FunctionsのTimer Triggerで予期せず処理が実行されたときの対処方法

Azure FunctionsのTimer Triggerで再起動した時に処理が発火することがあるので調査した対処方法について記載していきます。 ※この投稿は2020年1月4日時点の情報になります。 現象 Timer TriggerのFunctionsを明示的に停止→開始したりAzure側のメンテナンス…

2019年のまとめ

毎年恒例の振り返りなんかを書いていこうと思います。 今年は前厄だったのでいろんな試練が待ち受けていましたが、なんとこさやってこれました。巷の一言で今年を表すっていうのでいえば「辛」でした。「からい」ではなく「つらい」のほうです。というわけで…

GitHub Actionsを利用したAzure Pipelines連携を試してみた

本投稿はAzure DevOps Advent Calendar 2019の22日目の投稿になります。 qiita.com Azure DevOpsの2019年12月2日のアップデートでGitHub Actionを利用してAzure Pipelinesを利用できるようになったようなので試してみた内容を記載します。 docs.microsoft.co…