AzureでAccessTokenを取得する方法

AzureでAccessTokenを取得する方法についておさらいしたので備忘も含めて記載していきます。 そもそもなぜAccessTokenについて調査をしたかというとAzureRestAPIの利用方法について研究しており… 続きを読む »

VSTSがAzureDevOpsに変わったので設定を変更する

VSTSがAzureDevOpsになって2週間ほどが経ちますが旧VSTSを利用している場合、設定を変えないとAzureDevOpsをフルを利用できないので備忘も含めて記載します。   ※本記事は2018年10月… 続きを読む »

Azure Cloud ShellでFunctionsのアプリケーション設定を取得する

AzureのWebApps系のサービスではよくアプリケーション設定を利用すると思います。アプリケーション設定は環境変数として扱えるので重宝しますが複数のWebAppsやFunctionsを立てているとポータルからポチポチ… 続きを読む »

WebAppsのパフォーマンステスト機能を試してみた

久しぶりの投稿になります。プライベートに仕事に忙しかったのが言い訳です。   WebAppsのメニューにパフォーマンステストという項目があることに気づいてらっしゃる方はいると思います。この機能はVTSTのロード… 続きを読む »

Microsoft MVP for Microsoft Azureを再受賞しました

この度、Microsoft MVP for Microsoft Azureを再受賞いたしました。 去年の9月に初回受賞してから1年もたたずに再審査という事になり内心ドキドキしてました。     受賞し… 続きを読む »

VSTSで承認によるAzureデプロイやスワップを行う設定を試してみた

VSTSでCDを行う時に承認フローを挟見たい時があると思います。デプロイ作業やスワップ作業は自動ではなく確認してから実施したいということも多々あるでしょう。 VSTSでは承認フローの追加とメールによる通知を行うことができ… 続きを読む »

Azure FunctionsのTimerTriggerのCron式を外出しにする

Auzre FunctionsのTimerTriggerのCron式を外出しにして変更しやすくしたいと思い調査した結果を備考として残します。   TimerTriggerのCron式を外出し出来るかというと外だ… 続きを読む »

Azure FunctionsのC#でPrecompiledを利用する場合「disable」アノテーションを利用して有効・無効を管理する

Azure FunctionsのC#でPrecompiledを利用する場合、Azure Portalでの有効・無効がTriggerによっては効かないことがあります。 わかっている範囲でいうとHTTPTriggerは効くみ… 続きを読む »

Azure FunctionsのCustomOutputBindingdeでMS Temasへの通知を試してみた

Slackに通知を行うAzure FunctionsのOutputBindingのサンプルがあるので、これを利用してMSTeams用のOutputBinding作れないかなと思って試してみました。   &nbs… 続きを読む »

グローバルサミット2018に参加してきました

3月4日~10日の間、アメリカはシアトルで開催されたMicrosoft MVP グローバルサミットに参加してきました。     Microsoft MVP グローバルサミットとは世界中のMicroso… 続きを読む »