kokoni

クラウドおじさんの備忘録

TeamsのTogether Modeを試してみた

最近利用可能になったMicrosoft TeamsのTogether Modeを試してみたので備忘録として設定方法や利用方法について記載します。 O365のプランによる制約やTemasの管理機能による制約でTogether Modeの利用に影響が出るかについては本記事では言及しません。 ※こ…

Windows10でマイクにアクセスできなくなった時の対処法

仕事で利用しているSurface Laptop 3が急にマイク接続できなくなって打ち合わせやらに影響が出たため対処した方法について備忘録として記載します。 ※この情報は2020年7月26日時点の情報になります。 デバイスマネージャーの確認 マイクデバイスの確認 マイ…

Blazor WebassemblyをGithub ActionでGithub PagesにCICDする

Client Sideで動くBlazor WebassemblyをGithub ActionでCICDしてGithub Pagesにデプロイする方法を試したので備忘録として記載していきます。 ちなみに以前作成したBlazor Webassemblyのアプリをベースに試しました。 blog.kokoni.jp ※この記事は2020年7月25…

ClientSideBlazorでツールを作ってみた

ClientSideBlazorでツールを作ってみたということで紹介していこうと思います。 作ったツールは下記のURLからアクセス可能です。 GIthub Pages kingkino.github.io どいうものを作ったかというとAzureWebAppsのAppSettingsとlocal.settings.jsonのフォーマッ…

C#Tokyoオンラインで登壇しました

4月3日に実施されたC# TOKYOというコミュニティのオンラインイベントで登壇をしました。 csharp-tokyo.connpass.com 登壇内容は「Azure DevOpsで技術同人誌を作成」という内容で、Azure DevOpsを利用した執筆環境のCI/CDについてお話をしました。 C#Tokyo-On…

re:viewとAzure DevOpsで技術同人誌を執筆するためのCI/CD環境を構築する その2

前回はAzure DevOpsの環境構築について説明しました。 blog.kokoni.jp 今回はアップロードしたPDFファイルをSlackに自動で通知する仕組みについて説明していきます。 Azure環境を利用してAzureStorageにファイルがアップロードしたらLogicAppsでSlackに通知…

Re:VIEWとAzure DevOpsで技術同人誌を執筆するためのCI/CD環境を構築する その1

技術書典8が昨今の状況により開催中止になり意気消沈している最中に、とある勉強会で技術同人誌の執筆環境について話をしたら、面白いのでブログに投稿したほうがいいと助言を受けたので備忘も兼ねて記載します。 技術同人誌を執筆する時に便利なのが「Re:Vi…

Azure WebAppsでASP.NET CoreのHTTP Error 502.5が出た時の対策

経験されたことのある人もそこそこいると思いますがDotNet Coreのバージョンが上がるたびにちょくちょく出くわすエラーです。 ググるとだいたいがDotNet CoreのVersionに問題があって表示されるのですが、それ以外の場合もあるので対応方法をまとめておきた…

Azure FunctionsのTimer Triggerで予期せず処理が実行されたときの対処方法

Azure FunctionsのTimer Triggerで再起動した時に処理が発火することがあるので調査した対処方法について記載していきます。 ※この投稿は2020年1月4日時点の情報になります。 現象 Timer TriggerのFunctionsを明示的に停止→開始したりAzure側のメンテナンス…

2019年のまとめ

毎年恒例の振り返りなんかを書いていこうと思います。 今年は前厄だったのでいろんな試練が待ち受けていましたが、なんとこさやってこれました。巷の一言で今年を表すっていうのでいえば「辛」でした。「からい」ではなく「つらい」のほうです。というわけで…

GitHub Actionsを利用したAzure Pipelines連携を試してみた

本投稿はAzure DevOps Advent Calendar 2019の22日目の投稿になります。 qiita.com Azure DevOpsの2019年12月2日のアップデートでGitHub Actionを利用してAzure Pipelinesを利用できるようになったようなので試してみた内容を記載します。 docs.microsoft.co…

Azure Functionsのスケーリングの確認とプラン別の比較

本投稿はAzure Advent Calendar 2019の16日目の投稿になります。 qiita.com 先月開催されたMicrosoft Ignite 2019でPremiumFunctionsがGAしたので、ここでAzure FunctionsのConsumptionプランとPremiumプランに負荷テストを実施してスケーリングの状態を確認…

Azure Web Appsでカナリアリリースを試してみた

本投稿はAzure Advent Calendar 2019の4日目の投稿になります。 qiita.com Azure WebAppsのデプロイスロットには設定した割合によってトラフィックルーティングを行える機能があります。 docs.microsoft.com この機能を利用することでカナリアリリースを実…

Azure App Service free Managed Certificate for SSL/TLSを試してみた

本記事はAzure Advent Calendar 2019の2日目の投稿になります。 qiita.com Ignite 2019の発表にもありましたAzure App Service free Managed Certificate for SSL/TLSがPublic Previewになったので試した内容を記載していきます。 azure.microsoft.com docs…

ブログを移転しました

長いこと自前でたてたWordPressでブログを運用していたのですが、SSL強制だったりWordpressのバージョンアップだったりでブログを書くのに集中できない状態になってきたので移設しました。 10年位前に始めたときはBlogEngine.Netっていうのを利用していたの…

AzureFunctionsでSlackからChatOpsしてみる

最近流行り?のChatOpsをやってみたいなぁと思って調査・実装した備忘録を記載します。ChatOpsって何?って人向けにざっくり説明しておきますと、SlackやTeamsのようなチャットツールで特定のコマンドをチャット感覚で実行することでオペレーションを実行す…

Clinet Side BlazorをAzureStorage StaticWebSiteHostingにデプロイしてみる

Client Side BlazorをAzure WebAppsにデプロイしたAspNetCoreのサイトにホストして利用するのではなく、イージーにAzureStorage StaticWebSite Hostingを利用してみたくなったので備忘録として試した内容を書いていきます。Azure Storageを利用すればStorage…

Azure Application GatewayでWAF対策をしてみる 監視編

Application GatewayでWAFを検知する仕組みを導入する時に気になるのがWAFの監視の方法です。WAFの監視方法についてはLog Analiticsを利用することで簡単に設定することができます。その方法について記載していきます。手順としてはLog Analiticsの作成をし…

Azure Application GatewayでWAF対策をしてみる WAF対策編

前回の記事でApplicaiton Gatewayの作成についての基本的な情報を記載しました。今回はWAF機能をオンにしてペネトレーションテストをするところまで記載して行きたいと思います。※本記事は2019年6月23日時点の情報となります。 WAFの設定 V2を選択してApplic…

Azure Application GatewayでWAF対策をしてみる 構築編

最近Applicaiton GatewayでWAF対策をしたので、その時の注意点や設定方法などをまとめていきたいと思います。前提として Applicaiton Gateway はWAF V2を指定しておりBackend PoolにAzure WebAppsを指定しています。Application Gatewayの基本的な部分につい…

blazorをchromeでデバッグするときに気を付けること

平成最後のブログポストがまさかblazorになるとは思いませんでしたが、10連休で遠出する気もなくて家にこもって溜まっていたやりたいことを消化しているわけです。そんなわけで色々な事のone of themでblazorのチュートリアルをやってた時に嵌ったので備忘を…

技術書典#6に参加しました

2019年4月14日開催された技術書典#6に出店側でサークル参加してきました。初めてのサークル参加で色々としんどいこともありましたが、経験値がたまったので日記を書いていこうと思います。 techbookfest.org techbookfest.org 準備編 1月の正月休み中に技術…

グローバルサミットに参加してきました@2019

今年もグルーバルサミットに参加してきたので思い出を記載していきます。例によってグロサミのセミナーの内容はNDA項目なので一切記載しませんので、ただのシアトル旅日記みたいな感じになります。今回の渡米期間は3月17日(日)~3月24日(日)の間です。 …

2018年総括します

早いもので2018年も大晦日となりました。今年を一言でいうと「忙しかった」の一言に尽きますね。仕事もプライベートも色々あったので感慨深い年ではありました。 それでは364日前に設定した目標を見ながら誰得の1年のおさらいなんかをしたいと思います。つい…

Video Indexerの個人的考察

本記事はMicroSoft Azure Advent Calendar 2018の17日目の記事になります。 qiita.com Video IndexerがPreviewになって1年半、GAしてから3カ月ほどが経ち色々と機能拡張されて使い勝手や分析レベルが高くなってきてますます興味深いサービスになってきたと思…

AzureDevOpsでクラウドベースロードテスト

本記事はAzure DevOps Advent Calendar 2018の14日目の投稿になります。 qiita.com VSTSがAzure DevOpsと名前をかえてはや3ヶ月が立ちますが皆さん利用してますでしょうか?私は仕事で結構利用していますがお世辞抜きに便利です。 今回はAzrueDevOpsのテスト…

AzureでAccessTokenを取得する方法

AzureでAccessTokenを取得する方法についておさらいしたので備忘も含めて記載していきます。 そもそもなぜAccessTokenについて調査をしたかというとAzureRestAPIの利用方法について研究しておりまして、RestAPIを実行するにあたってHTTP HeaderにAuthorizati…

VSTSがAzureDevOpsに変わったので設定を変更する

VSTSがAzureDevOpsになって2週間ほどが経ちますが旧VSTSを利用している場合、設定を変えないとAzureDevOpsをフルを利用できないので備忘も含めて記載します。 ※本記事は2018年10月7日の情報になります。 Viewの変更 ignite2018で紹介されAzureDevOpsはデザイ…

Azure Cloud ShellでFunctionsのアプリケーション設定を取得する

AzureのWebApps系のサービスではよくアプリケーション設定を利用すると思います。アプリケーション設定は環境変数として扱えるので重宝しますが複数のWebAppsやFunctionsを立てているとポータルからポチポチして参照するのはめんどくさくなることもしばしば…

WebAppsのパフォーマンステスト機能を試してみた

久しぶりの投稿になります。プライベートに仕事に忙しかったのが言い訳です。 WebAppsのメニューにパフォーマンステストという項目があることに気づいてらっしゃる方はいると思います。この機能はVTSTのロードテストを簡易的に利用することのできる機能です…