Azure FunctionsのTimerTriggerのCron式を外出しにする

投稿者: | 2018年4月15日

Auzre FunctionsのTimerTriggerのCron式を外出しにして変更しやすくしたいと思い調査した結果を備考として残します。

 

TimerTriggerのCron式を外出し出来るかというと外だしすることは可能です。

下記のリンクの構成のScheduleのところにも記載のある通り%でKEY名を括って記載すればいいだけです。

 

例を挙げると下記のようになります。AppSettingにKEY名とCron式をValueに設定すればCron式を外出しにして利用することが可能です。

public static void Run01([TimerTrigger("%NameOfAppSettingWithScheduleExpression%")]TimerInfo myTimer, TraceWriter log)

 

余談なのですがAzure FunctionsのTimerTriggerのCron式はUnix系のCron式と若干違うため注意が必要です。海外のブログにCheatSheetをまとめた方がいるので序にリンクを張っておきます。

This is a cheat sheet for CRON expressions that are used in the time triggers for Azure functions. They define how often a trigger/the Azure function should ...

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください