Microsoft AzureでMVPを初受賞しました

投稿者: | 2017年9月2日

本日(アメリカ時間の9月1日)にMicrosoft AzureでMost Valuable Professionaを初受賞しました。

ここ1年半のコミュニティ活動や登壇・執筆活動などが評価対象となったようです。

 

実を言いますと今年に入り2回申請して受賞できずにいたのですが、今回3回目の申請で受賞することができました。

諦めずに申請し続けてきたこと、継続してコミュニティ活動やAzureの布教活動をしつづけたことが受賞につながったのだと思います。特に主宰している「Azureもくもく会」については常に会の発展とご参加頂いている皆様に充実した自習環境を提供できるように注力してきたので、会によるビジネスのブリッジや技術共有・知見の拡散等をアピールした結果が受賞にながったんだと思います。

 

昨晩にMVPの人たちとお酒を飲んでて、「そういえば受賞どうなりました?」って聞かれたのですが日本時間ではまだ9月1日だったので連絡来てませんと答えてました。実際アメリカ時間で毎月1日に連絡があるので日本時間では毎月2日になってしまいます。夜11時以降くらいに連絡があると教えてもらったのですが実際にメールで連絡があったのは日本時間9月2日の朝5時ごろでした。6時半ごろ目が覚めて何となくメールを確認したら英語でMVPと書かれたメールを受信していたので期待して中を見てみると受賞の連絡でした。今まで落選してた時はお昼過ぎくらいに日本の事務局から日本語で連絡があったのと、受賞時は英語のメールが届くと聞いていたので英語でMVPと書かれたメールを見た時点でこれは期待ができると思いました。その後、受賞の連絡を受けて安心したので2度寝しましたw。

 

ここでひとつ誤解のないように説明をしておきたいのですが、私がコミュニティの主催や勉強会で登壇したり記事を書いたりしているのはMVPを取るためではありません。自分の能力の研鑽と社交の場にて多種多様な技術者とコミュニケーションをとり自分の視野を広げるためです。その過程でMVPになれたと自負しています。

とはいえ、MVPには非常に憧れていたので受賞できて本当に嬉しかったです。

色々と相談に乗っていただた先輩MVPの方々にはこの場を借りて御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

まだまだエンジニアとして未熟者ですが、これからはここを1つのスタートとして更なる研鑽を積んでいこうと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

第十五回 Azureもくもく会 @ 品川 (2017/09/16 13:00〜)
# 今回の活動時間 13:00 ~ 18:00の5時間を予定しております。 # 概要 Azureに関する作業をもくもく行う会です。 XamarinでAzure連携を試してみる、WebAppsのGit...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA