AzureStorageFilesがGAしてCentOSに対応していた。

投稿者: | 2015年10月7日

AzureConでAzureStorageFilesがGAしたとの発表がありました。

しかもSMB3.0の利用も可能になったそうです。

 

仮想マシンでVM立ててマウントしたFilesでWebDavでファイルサーバが実現できるんじゃないかと思うとワクワクしますね。

 

というわけで少し試してみたのですが、なんとCentOS7にも対応していました。

Preview時点ではUbuntsにしか対応してなかったのですがGAしてCentOSにも対応したのかもしれません。

 

マウントするためのコマンドは下記の通り。

 sudo yum install cifs-utils

sudo mount -t cifs //[StorageFilesName].file.core.windows.net/mysharename ./mountpoint -o vers=2.1,username=[StorageFilesName],password=[StorageAccountKeyEndingIn==],dir_mode=0777,file_mode=0777

 

files001

 

やりやすくなりました。

ファイルサーバの件はまた今度試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください