Azureの使用量がAPIで取得できるようになりました。

投稿者: | 2015年9月24日

Azureのサブスクリプション毎の使用量とRateCard(価格表)がRestAPIで取得できるようになりました。

 

・ 使用量と価格表について

・ RateCard API(価格表取得API)

・ Azure Usage API(使用量取得API)

 

価格表を取得してから使用量を取得して金額計算して出力みたいな感じになるんでしょうね。

価格表がカタログ価格なのか割引価格なのかとか単位がドルなのか円なのか触ってみないとわかりませんが、取り合えず前々から実現したかった利用済み料金計算」が出来そうです。

現時点でいくら使っているのかをリアルタイムで知る方法を提供できるのは、ビジネス上かなりメリットがありますのでこのサービスは非常にありがたいです。

使ったら使っただけお支払い下さいという商売は日本の会計・経理には向かないですね。

 

今週末はこのAPIを弄って遊ぼう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA