PowerBIでGoogleAnaliticsの情報をレポート表示

投稿者: | 2015年9月15日

PowerBIに手を出しました。ブラウザ版のですが。

GoogleAnaliticsと連携してGAの情報をレポート表示できるみたいなのでやってみました。

 

まずはPowerBIのサイトに行ってサインインしましょう。

refer01

 

Office365のアカウント(***@***.onmicrosoft.com)を持っているとスムーズにサインインできます。

refer02

 

サインインするとPowarBIのダッシュボードが表示されるので左下の「データの取得」をクリックします。

refer03

 

どこからデータ取得を行うか表示されますのでおとなしく「サービス」の取得をクリックしてください。

refer04

 

連携可能な色んなサービスが表示されますのでGoogleAnalyticsを選択して接続をクリックします。

GitHubとかVisualStudioOnlineとか気になるものが沢山あると思いますが今は無視してください。

 

refer05

 

GoogleAnalyticsに接続するための基本情報の入力を求められます。

ここでは当ブログのGA情報入力して試してみます。

refer06

 

最初、GAの情報と紐づかなかったので何を入力するべきかわからなかったのですが、

取り合えずGAのサイトのホームに表示される下記の情報を上から順にアカウント、プロパティ、ビューに入力したらうまくいきました。

refer07

 

次に認証方法を聞かれますが、こちらはoAuth2のままで問題ないです。

refer08

 

連携確認を聞かれますので「許可」で。

refer09

 

PowerBIのダッシュボードに戻りGAの情報をしばし時間をかけて取得すると下記のようにグラフが沢山表示されます。

こんな簡単にデータ取得してリッチグラフを表示してくれるとか軽く感動しました。

この情報はダッシュボードなので概要だけですがレポートを見るともっと詳細なグラフが見れます。

refer10

 

レポートの情報を表示すると「SiteTraffic」、「SystemUsage」、「Total User」、「PagePerfomance」、「TopPages」の5種類のタブがあり目的別に詳細なグラフが表示されます。

下図は「SiteTraffic」の図です。

refer11

 

下図は「SystemUsage」の図です。

refer11-2

 

データセットを見るとGAから取得したテーブル情報とデータを参照する事ができます。

この情報を使用して独自にグラフを作成する事ができます。

refer12

 

 

GA用に予め用意されたテンプレートを利用してGAの情報をよりリッチなグラフとして表示できるのでとても便利です。

もちろんデータ連携を更新する事でその時の最新の情報をレポート化する事も可能です。

秋の夜長にレポートを眺めてみるのも乙ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA