データ層アプリケーション(DAC)でSQLAzureのインポート・エクスポート

投稿者: | 2014年2月13日

世の中が便利になってる!!ということを感じたので備忘も含め記載。

SQLAzureのデータをバックアップしたりローカルのSQLServerで作成したDBをSQLAzureに反映したりと結構便利です。

 

【前提】

SQLServerMangementStudio 2012 が必要です。(以下、SSMS)

SSDT(SQLServerDataTools)も必要です。これがないと実施時にエラーになるので必ず入れてください。

 

 

SQLAzureからエクスポートを行う方法。(.bacpacファイルの生成)

1、Azureポータルからログインします。

2、SQLAzureを選択し対象のサーバを選択します。

3、下の方に「エクスポート」というメニューがあるので押下します。

 

SQLAzure

 

4、各種情報を入力します。ストレージに関しては既存でも新規でもいいです。

 

SQLAzure1

 

5、実行すると対象のストレージに[ファイル名].bacpacというファイルが出来ているので、ダウンロードするなりして取得してください。

SSMSからAzureStorageを参照してインポートする方法もあるので無理にダウンロードする必要は一応ないです。

 

SSMSでSQLAzureにインポートを行う方法

1、SSMSで任意のSQLAzureにアクセスします。

2、オブジェクトエクスプローラの[データベース]を右クリックし[データ層アプリケーションのインポート]を選択します。

 

SQLAzure2

 

3、ローカルにあるbacpacファイルか、AzureStorageにあるbacpacファイルを指定します。

 

SQLAzure3

 

 

4、データベース名を指定して実行すればリストアされます。既存のDB名と重複しないように気を付けましょう。

 

SQLAzure4

 

SSMSでSQLAzureにDBをデプロイする方法

1、ローカルのSQLサーバに接続します。

2、オブジェクトブラウザーから任意のDBを右クリックし[タスク] から[SQLAzureへのデータベースの配置]を選択

 

SQLAzure5

 

3、デプロイ先のSQLAzureを選択し実行します。

 

SQLAzure6

 

4、SQLAzureに接続してデプロイが出来ている事を確認しましょう。

 

 

 

手軽にバックアップ・リストアが出来るので素晴らしくちょろい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA