アニメや漫画を実写化

投稿者: | 2009年9月26日

友人から薦められてた「デスプルーフ」を借りにTUTAYAに行った所、28日までレンタルされているとのコトだったので他の映画を物色して借りてきました「ヤッターマン」と「ドラゴンボール」。というわけで雑感です。

「ヤッターマン」

CGが凄い!!取り敢えずこの一言に尽きる。スタッフロール見るとCG製作会社が多く参加しているのも頷ける。アニメで出てくるようなロボットは勿論、町並みから背景まで全体の8割は確実にCG使ってますよ。

以前、友人からこの映画は映画ではなくて実写リメイクであってただ忠実にアニメを再現しているだけ。それを作成した三池崇は多分自分で作りたいものでもなく、ただ名前が売れたため仕方なく監督を引き受けたが、ヤッターマンを知らないため一生懸命研究して再現させた実力は流石としかいいようないと、語ってました。

そういう視点で言うと、確かにドロンボー一味が詐欺で儲けた金を使ってロボット作ってドクロストーンを巡ってヤッターマンと争うという毎週決まりきったマンネリなストーリフローは完璧に再現されてました。

ただやはり三池崇が監督をやっているだけあって妙にエロい。

(反転:ネタばれ注意)

太ももの内側をサソリに刺された女の子から毒を吸い出すシーンとか本編に関係が特にあるとは思えないがエロかった。後、ヤッターワンに乗って出動した時、海を渡るシーンで海水を浴びまくってるのと最後にハルプスを自力で下山する親子が妙にシュールなのは監督の趣向でしょ。

「ドラゴンボール」

まず一言、題名を変えたほうがいい。ドラゴンボールだと思ってみるからつまらないんだよね。ベストキッドのダニエルさんをゴクウ、ミヤギ先生を亀仙人にしてもドラゴンボールになっちゃうんじゃないかという感じはしました。

何はともあれ原作キラー。

(反転:ネタばれ注意)

ことごとく設定がおかしい。

亀仙人はエロいというより傲慢なキャラクターになってるし、卵ではなくピッコロの血から怪物が生まれるし、当初のゴクウは学園ドラマのいじめられっこだし・・・、師父ノリスって誰?亀仙人がナマステとか言うし・・。

言いたいことは沢山あるけど言い出したらきりがないので、地雷踏みたい人は借りて見なさいよ。

タイトルが「ドラゴン・キッド」だとか思えば納得してみれるんじゃない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA