AnyCPUの罠

投稿者: | 2009年4月19日

今、職場。

タバコ吸いながらSilverLightのビルドについてx64とx86について語っていたらちょっとビビる話題が発生。

AnyCPUでビルドするとアプリケーションはいいんだけどライブラリ側がOSのプラットフォームを実行されるまで判断せずにBadImage:Exceptionをはく可能性があるという。

基本的にはAnyCPUでビルドせずに構成マネージャーで全部x86指定にしてしまえば、x64のOSで動かしてもスケールダウン下位互換でエミューレーションが動くので大丈夫なはず、きっと。

家帰ってから調べるとしよう。

AnyCPUの罠」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA